J2のFC岐阜は第35節の8日、大阪市のキンチョウスタジアムで3位C大阪と戦う。前節のホーム岡山戦で0-5で大敗するとともに連勝が2で止まった20位岐阜。残留争いと昇格争いを繰り広げる両極端なチームの対戦で、岐阜にとっては引き分けでも御の字と言える厳しい戦いになることが予想される。

 まず修正しなければならないのが守備面のもろさだ。前節は試合開始直後の4分に失点してから流れを失った。吉田監督も「何気ない自分たちのミスからの失点だった」と反省しつつ「相手が自分たちのエリアに入ってきたら当たりにいかないと。できないと主導権を握られたままになる」と、選手たちに攻守の切り替えの速さや球際での強さ...    
<記事全文を読む>