明治安田J2第34節(2日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)V・ファーレン長崎は徳島に1-2で敗れた。通算成績は9勝14分け11敗(勝ち点41)で、前節の12位から14位に後退。2位松本が讃岐を4-2で下して勝ち点を67に伸ばしたため、J1自動昇格となる2位以内の可能性は消えた。  首位札幌は北九州と0-0で引き分けた。3位C大阪は5位清水に1-2で逆転負け。4位岡山は岐阜に5-0で大勝した。  V長崎は前半32分、ロングスローのこぼれ球を蹴り込まれて3試合ぶりに失点。0-1で折り返した後半39分、途中出場のFW畑がミドルシュートを決めて追いついたが、ロスタイムに決勝点を...    
<記事全文を読む>