サッカーJ2第34節は2日、各地で11試合を行い、首位札幌は最下位22位の北九州に0―0で引き分けた。通算成績は22勝8分け4敗。勝ち点を74に伸ばして6位以上が確定し、初のJ1昇格プレーオフ(PO)進出以上が決まった。

 札幌は攻め込みながらも1点が遠く、スコアレスドローに終わった。立ち上がりからペースを握ったが、前半3分の都倉、後半15分のジュリーニョのシュートがいずれもバーを直撃するなど再三の好機を生かせなかった。

 札幌は次節、8日正午から札幌厚別公園競技場で水戸と対戦する。

...    
<記事全文を読む>