J2第34節の2日、首位の札幌は、北九州市本城陸上競技場で最下位の北九州と対戦し、0―0で引き分けた。通算成績は22勝8分け4敗で、勝ち点を74とした。

 札幌は前半、ボールを支配したが、自陣深くでブロックをつくる北九州の守備を崩しきれなかった。後半は21分に攻撃に変化をつけられる小野、同31分に高さとスピードのある上原を投入したが、打開できなかった。

 札幌は次節の8日、札幌厚別公園競技場で水戸と対戦する。

...    
<記事全文を読む>