サッカーJ2松本山雅FCがホームスタジアムとして使う松本市の松本平広域公園総合球技場「アルウィン」で芝生の傷みが目立っている。直近の松本山雅と清水エスパルスの試合後、両チームの監督が状態の悪さについて言及。夏場の少雨や高温が原因とみられ、プレーにも影響が出ており、30日に指定管理者が補修作業に追われた。施設を所有する県は全面張り替えも視野に改善策を検討するとしている。

 1辺が約10センチの正六角形の型で芝を抜き、丁寧に新しい芝を植えていく。30日のアルウィンでは、センターサークル周辺で補修作業が行われていた。

 指定管理者TOYBOX(トイボックス)によると、試合後の部分補修は普通は、1...    
<記事全文を読む>