■「夢はかなう、またここに立つ」 仲間、そして熱い声援を送ってくれるサポーターへの思いを左足に込めた。今季限りで退団が決まっている鳥栖の主将、MF金民友が、自らのベアスタ“ラスト”を飾る先制弾。引き分けに終わったが「この試合に悔いはない」と胸を張った。

 前半22分。MF福田からパスを受けてドリブルで持ち込み、エリア内のFW豊田をめがけて蹴ると、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。「クロスだったけど、入ってよかった」と金民友。「俺が鳥栖の10番だ」と言わんばかりに、自らの背中を指さしてスタンドにアピールし、仲間からも祝福を受けた。

 今季は決して万全な1年ではなかった。開幕前、母国での兵...    
<記事全文を読む>