サガン鳥栖一筋で7年間チームをけん引してきた金民友(キムミヌ)選手の退団が明らかになった24日、サポーターからは別れを惜しみ、チームのJ1昇格・定着に大きく貢献した功績をたたえる声が上がった。

 20年以上サガン鳥栖を応援しているという団体職員の姉川三根男さん(61)=三養基郡みやき町=は退団の知らせに「(兵役という)事情が事情だけにどうしようもないが、非常に残念」と“チームの顔”との別れを悲しんだ。「鳥栖では数少ない、スキルが高く、観客を沸かせるプレーができる選手だった。サポーター全員で『ありがとう』という気持ちを表さなくては」とホーム最終戦での熱い応援を誓った。

 小城市の会社員堤麻尋...    
<記事全文を読む>