サッカー・J1サガン鳥栖は24日、主将のMF金民友(キム・ミヌ、26歳)が今季終了後、兵役対応のため韓国Kリーグに移籍すると発表した。金民友は今季リーグ28試合に出場し4得点。鳥栖でのJ1、J2リーグ通算は211試合、30得点。

 金民友は韓国・延世大を経て、2010年に当時J2のサガン鳥栖に加入。左サイドハーフの主軸として躍動しチームのJ1昇格に大きく貢献した。韓国のA代表にも選出経験を持つ。今季はけがで出場機会がやや減ったものの、クラブ初の外国籍主将として3ボランチの一画で躍動。無尽蔵のスタミナと熱いプレーでチームをけん引した。

...    
<記事全文を読む>