降格が決まる数日前の練習後、チョウ貴裁監督は「勝てない最大の理由」をこう話している。

 「その場その場で俺が良かれと思って言ったことが、届きすぎてしまう。言葉が残り過ぎると、選手がゴール前で一番大事なパワーというか冷静さ、アイデアを引き出せない」 山田のヘディングシュートがバーの少し上を通過する。その直後、降格が決まり数十秒間うずくまったシーンは、自問自答が続いた就任5年目を表していた。

...    
<記事全文を読む>