明治安田生命J1リーグ戦第2ステージ第15節は22日、千葉県柏市の日立柏サッカー場などで9試合があり、サガン鳥栖は柏レイソルに3-2で競り勝った。同ステージ7勝4分け4敗(勝ち点25)で8位のまま。通算成績は11勝9分け12敗(勝ち点42)で12位。

 首位の浦和は新潟を2-1で下し、勝ち点37としてステージ優勝に近づいた。次節、勝つか引き分ければ優勝が決まる。年間2位の川崎は広島に2-0で勝ち2位に浮上。神戸は仙台に0-3で敗れ、優勝の可能性が消えた。湘南は大宮に敗れて年間17位以下が確定、来季のJ2降格が決まった。甲府は、福岡に勝って年間14位に浮上。磐田と引き分けた名古屋は降格圏の...    
<記事全文を読む>