明治安田J1第2ステージ第15節は22日、3週間の中断から明けてデンカビッグスワンスタジアムなどで9試合が行われ、浦和は敵地で新潟を2―1で下し、YBCルヴァン・カップを挟んでリーグ5連勝を飾った。興梠が2得点を挙げ、史上12人目のJ1通算100ゴールを達成した。

 浦和は前半7分、遠藤のロングパスで抜け出した興梠が左足で流し込んで先制。15分、新潟のラファエルシルバにパスカットされ、同点ゴールを許した。それでも土壇場の後半45分、関根のパスから興梠が左足で決めて勝ち越した。

 首位の浦和は勝ち点37に伸ばしたが、2位川崎も広島に勝ったため、残り2試合で同6差は変わらず、今節でのステージ制...    
<記事全文を読む>