J1川崎が悲願の初タイトルに向け、ラストスパートをかける。22日はホーム広島戦(午後2時試合開始)。鹿島、G大阪と続く第2ステージのラスト3戦を前に、今季限りで退任する風間八宏監督は「これ以上ないぐらいの試合を1試合でもやりたい」と攻撃サッカーの神髄を見せるつもりだ。

 ライバル浦和とは第2ステージで勝ち点6差、年間順位では同1差。最近5試合で2勝3敗とチームは失速気味だ。

 21日はセットプレーや攻守別のメニューで最終調整。「明日は絶対に勝ちましょう」。力強い掛け声で約1時間のトレーニングを締めくくった。

...    
<記事全文を読む>