勝負の終盤戦に向け、J1川崎の大黒柱が戻ってきた。1日の神戸戦で左脚を負傷し、戦線離脱していた主将中村憲剛(35)が18日、全体練習に合流した。第2ステージは残り3試合。頼れるベテランMFがチームのラストスパートをけん引する。この日は控え組のトップ下を務めるなど、約1時間のメニューを消化。

...    
<記事全文を読む>