サポーターの熱い思いがついに届いた―。サッカーJリーグ・YBCルヴァン・カップの決勝が15日、埼玉スタジアムで行われ、浦和はG大阪にPK戦で勝利。2003年以来、13年ぶり2度目の頂点に輝いた。国内3大タイトルの獲得は06年度の天皇杯全日本選手権以来、実に10年ぶり。待ちに待った栄冠に、浦和サポーターは歓喜に沸いた。

 「決めてくれ」―。緊迫したPK戦は5人目を迎えた。これが入ればタイトル奪取。手を合わせ、祈るサポーターたち。遠藤航選手が蹴ったボールがゴールネットを揺らした瞬間、スタジアムは歓喜の渦に包まれた。「やったー」「勝ったぞ!」。サポーターは拳を突き上げ、抱き合い、喜びを爆発させ...    
<記事全文を読む>