J1仙台の下部組織、仙台ユースが、高円宮杯U-18(18歳以下)プリンスリーグ東北で2年ぶり3度目の優勝を果たした。高校世代最高峰のプレミアリーグ入りを懸けた参入戦(12月16、18日の2日間)に向けて練習に励んでいる。

 プリンスリーグ東北は10チームで構成。仙台は14勝2分け2敗の勝ち点44で、2位尚志高(福島)に勝ち点3差をつけて優勝した。

 2011年から指揮を執り、3度の優勝に導いた越後和男監督は「今年のチームは粘り強さが特長」と評す。1学年上のチームは、今季J1仙台に加入したMF佐々木匠、DF小島雅也らを擁した。今季は、実力が突出した選手がいない分、全員の力で戦った。

 チームを...    
<記事全文を読む>