サッカーJ1のジュビロ磐田は8日、シーズンシート購入者を対象にした感謝の集いを浜松市中区のホテルで開いた。名波浩監督や選手計27人が登場し、今シーズン残り3試合の勝利とJ1残留を誓った。

 名波監督は訪れたサポーター約700人を前に「残りの試合を、皆様の後押しを背に頑張りたい」とあいさつし、森島康仁選手が22日に行われる名古屋グランパス戦に向け「まずは勝つ」と抱負を述べて乾杯した。選手はサポーターとの記念撮影やサインに応じて交流を図った。

 祖母や妹と訪れ、大井健太郎選手と記念写真を撮った小学生児童(8)は「1点でも多く取ってJ1に残ってほしい」と期待した。

...    
<記事全文を読む>