若きストライカーの清水が新たな才能を花開かせている。アシストや攻撃の起点になって得点に絡むシーンが増えた。好調の源は“母の味”。母・奈美子さんのレシピを参考に自炊に力を入れ、「体の切れが違う」と要所で活躍中だ。

 今季前半は故障で出遅れ、試合から遠ざかっていた。それでも「何を変えられるか。自分を見詰め直す期間」とポジティブに捉え、生活の見直しに着手。他競技選手の本を読むなどし、食の改善に行き着いた。

 本格的に取り組んだ自炊を支えてくれたのは母の味。得意料理のハンバーグは奈美子さんに教えてもらった。トマトケチャップとソースを熱してハンバーグにかけ、さらにチーズを乗せて電子レンジで「チンして...    
<記事全文を読む>