赤い羽根共同募金運動が全国一斉にスタートした1日、県内では黒岩祐治知事やサッカーJ1横浜F・マリノスのマスコット「マリノスケ」らが、14団体約70人のボランティアとともにJR横浜駅西口の街頭で募金を呼び掛けた。

 県共同募金会横浜市支会の大場茂美会長は「募金活動を通じ、共同募金の精神を広め、誰もが安心して暮らせるまちづくりに協力してほしい」と話した。

...    
<記事全文を読む>