「攻撃のポジションでプレーしている。毎試合得点できたらいい」。9月24日の前節ホーム伊賀戦でゴールを決めた嘉数は、右サイドハーフとして積極的な攻めを心掛ける。

 首位日テレとは勝ち点差10。初優勝を目指してきた今季の仙台Lにとって厳しい現状であることは間違いないが、「(勝ち点差を)気にしても状況が変わるわけではない」。チームを率いる主将だからこそ残り試合を「全勝しないといけない」と闘争心をのぞかせる。

 チームは伊賀戦で、前半に理想的な攻撃を見せた。川村の先制ゴールからわずか15分の間にさらに2得点。自身は右足の強烈なシュートで2点目を奪った。「守備も前から行けていた」と攻守で連動していた...    
<記事全文を読む>