磐田は新潟に敗れ、残留争いに巻き込まれることになった。「勝ち点1すら取れなかった結果を重く受け止めている」と名波監督。残り3試合で、16位の降格圏との勝ち点差は4まで縮まった。

 貴重な勝ち点をあと一歩で逃した。同点の後半44分。攻勢を強める新潟の圧力に屈した。「後半は押し込まれる時間が長く、奪ってもすぐ奪い返された」と上田。劣勢で残り10分を切った段階で、引き分けの選択肢もあった。しかし、不用意なミスで簡単にボールを失った。「大事な試合の大事な時間帯でやるべきことが浸透していなかった」。名波監督は手痛い失点に思わず頭を抱えた。

 序盤から新潟は球際の争いに厳しく向かってきた。負ければ降格...    
<記事全文を読む>