J1仙台は30日、第2ステージ第14節アウェー鳥栖戦(1日18時半・ベストアメニティスタジアム)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間、最終調整した。

 12対12のミニゲームでは、主力組のボランチに入ったMFの富田と三田が、攻守の連係を入念に確認。MFパブロジオゴは主力組のトップ下で切れのある動きを見せた。

 鳥栖は10勝9分け11敗の勝ち点39で年間11位。第2ステージは6勝4分け3敗で7位につける。第1ステージは15位と低迷したが、徐々に調子を上げている。

 仙台は11勝4分け15敗の勝ち点37で年間12位。第2ステージは4勝2分け7敗の勝ち点14で12位。前節はJ2降格危機の名古屋に...    
<記事全文を読む>