来季のJ3参入を目指す日本フットボールリーグ(JFL)アスルクラロ沼津の現地ヒアリングが21日、沼津市内で行われた。Jリーグの木下由美子理事らがクラブやホームグラウンドの愛鷹広域公園多目的競技場、沼津市役所を視察した。

 木下理事はクラブを運営するアスルクラロスルガの山本浩義社長らから経営状況などについて聞き取りを行った後、競技場を訪れて芝生や座席などの設備を確認した。市役所では本拠地としての取り組みや支援について担当部局の職員と面談した。ヒアリングを終えた木下理事は「市など地元と強力なタッグが組まれ、心強く感じた」と評価した。市の担当幹部は「市全体でチームを応援することが重要で、連携を...    
<記事全文を読む>