四国サッカーリーグは10月9日、雷雨でノーゲームとなった第13節の高知ユナイテッドSC―FC今治をスポーツパークさかわで行い、高知ユナイテッドが3―1で勝った。

 高知ユナイテッドは立ち上がりから積極的なプレスを仕掛けて相手を自由にさせなかった。17分、自陣右サイド深くでFW吉川が競り合いを制してハーフライン付近の金橋へ。金橋がドリブルで2、3人を引きつけて逆サイドのオンへつなぎ、先制点が生まれた。後半も多くの時間で主導権を握り、21分、FKの素早いリスタートから塚本、岡田で追加点。39分にセットプレーから1点をかえされたが、その3分後に菅原が右足で3点目をたたき込み、流れを渡さなかった...    
<記事全文を読む>