サッカーJ3・カターレ富山のファン感謝祭が十日、富山市の県総合運動公園であり、ファンたちが楽しいゲームなどを通して選手たちと交流を深めた。

 選手たちが登場すると、ファンからは大きな拍手。選手二十八人が二チームに分かれ、借り物競走やむかで競走など五種類のゲームをして会場を沸かせた。米などの県産と県外の食材を食べ比べて当てる「利き富山対決」では、両チームの代表選手が目隠しをして味覚を競った。

 合間には選手がものまねを披露する場面もあり、試合では見られない姿にファンたちは大喜び。写真撮影やサイン会もあり、楽しいひとときを過ごしていた。

 選手会会長の大山俊輔選手は「残りの試合も昇格に向けて一生...    
<記事全文を読む>