明治安田J3第24節は2日、各地で7試合を行った。栃木SCは沖縄県総合運動公園陸上競技場で8位の琉球に1-1で引き分けた。勝ち点1を積み上げ、通算成績は14勝6分け4敗の勝ち点48の首位は変わらないが、今節3位鹿児島に勝った2位大分との勝ち点は2に縮まった。

 近づく台風18号の影響で、強風の中での一戦となった。栃木SCが風下となった前半は、琉球にボールを保持される時間帯も多くシュートを放つことはできなかったが、無失点で切り抜けた。

 後半は好機もある中で得点を奪えずにいると同20分、途中出場の相手ブラジル人FWにゴール前のボールを押し込まれ先制を許した。その後もピンチが多かったがDF陣や...    
<記事全文を読む>