明治安田J2第38節最終日は30日、各地で10試合を行い、18位ロアッソ熊本はうまかな・よかなスタジアムで首位札幌を2-0で破った。通算11勝10分け17敗の勝ち点43とし、順位は15位に上がった。J3との入れ替え戦になる21位との勝ち点差は残り4試合で7となり、J2残留に一歩前進した。

 熊本は4-1-4-1の布陣で、1トップにFW平繁龍一を置き、センターバックにDF薗田淳を16試合ぶりに先発起用。前半11分、FW齋藤恵太が倒され獲得したPKをFW清武功暉が決めて先制した。後半20分には、左サイドからDF片山奨典が上げたクロスに平繁が飛び込んでヘディングゴールを決めた。

 他会場は、松本...    
<記事全文を読む>