サッカーJ2第三十七節、二十二チーム中二十二位の最下位金沢は二十三日、アウェーの岡山市のシティライトスタジアムで五位岡山と対戦し、2-1で逆転勝ちした。今季八勝目を挙げ、勝ち点を36に伸ばし、残留圏内の二十位に順位を上げた。勝ち点は十九位の讃岐と並んだ。次戦は三十日午後一時からホームの金沢市の県西部緑地公園陸上競技場で徳島と顔を合わせる。残りは五試合。ベテランDF太田「絶対残留」同点弾 負けムードを払拭(ふっしょく)したのはベテランDF太田康介選手(33)だった。後半30分、MF山藤健太選手(29)の直接FKを見事に頭で合わせた。岡山に退場者が出て十一人対十人の数的に優位な状況にもかか...    
<記事全文を読む>