前節の愛媛戦でJ2初ゴールを挙げたMF中原彰吾と、今季初先発を果たしたMF神田夢実の22歳コンビが、FWヘイス(27)が抜けたトップ下で先発争いを繰り広げている。この日の紅白戦で主力組の1本目に入った中原が次節ホーム東京V戦(22日、札幌ドーム)の先発が濃厚だが、2本目は神田が代わって入った。残り6試合で2人のスタメン競争が昇格を加速させる。

 「持ってかれたわ」。愛媛戦途中で交代し、同じポジションに入った同期の初ゴールを見送った神田は、試合後の中原にこう声を掛けた。先発した神田にとっては刺激的な一撃。「お互い高め合って切磋琢磨できれば」と自らの心にも火を付けた。

 目に見える形で結果を出...    
<記事全文を読む>