サッカーJ2で2位につける松本山雅FCは16日、千葉市のフクダ電子アリーナで行われた第36節でジェフユナイテッド千葉に3―0で完勝し、6試合を残してJ1昇格プレーオフ進出圏内の6位以上が決まった。2位までが来季J1に自動昇格し、3〜6位はプレーオフを行って最後の昇格枠1を争う。

 松本山雅は前半38分に工藤浩平選手が4試合連続のゴールを奪い、43分には高崎寛之選手がPKを決めた。相手が退場処分で1人少なくなると、後半9分にも飯田真輝選手がヘディングで追加点を挙げた。松本山雅は12試合負けなしで勝ち点を71に伸ばした。1万2732人が入場したスタンドでは、敵地で声援を送った松本山雅サポータ...    
<記事全文を読む>