J2第36節のカマタマーレ讃岐は、16日午後2時から福岡県の北九州市立本城陸上競技場で最下位北九州と対戦する。両チームの勝ち点差はわずか5。残留争いの行方を占う大一番に向け、北野監督は「負けない試合が必要」と闘志を燃やす。

 カマタマーレは前節、徳島との「東四国クラシコ」を0―0で引き分けた。直前の練習で故障者が出た中、きっちりと守り、攻撃でも幾度なく決定機をつくるなど内容は悪くなかった。

 対する北九州は5試合未勝利だが、直近の3試合は引き分けで勝ち点を上積みしており、前線には個の能力が高い選手がそろう。カマタマーレとしては、失点なく試合を進めて相手の焦りを引き出した上で、カウンターで仕...    
<記事全文を読む>