「サッカーの質問はやめましょう! オリンピックの時に話し尽くしましたから」。サッカーJ2ファジアーノ岡山の若き司令塔として活躍している矢島慎也選手のインタビューはこの言葉から始まりました。とはいいつつ、いまのチームの状況や五輪で得た経験をはじめ、好きだという絶叫マシンや戦国武将の話、サッカー選手を目指す子どもたちへのメッセージなどたっぷり語ってくれました。-今のチームの状況をどう捉えていますか。

 2年前と同じ(プレーオフ以上を争える)状況というのは知らされています。その状況をどう変えていくのかということが試されていると思います。みんなのモチベーションは高いです。-熊本戦(9月18日)、...    
<記事全文を読む>