明治安田J2第35節(8日・札幌厚別公園競技場ほか=11試合)水戸は0-1で札幌に敗れた。通算成績は9勝14分け12敗、勝ち点41で順位は14位に下がった。

 水戸は守勢に回った前半5分、右サイドの崩しからマークのずれを突かれて先制点を献上した。前半はシュート0に抑え込まれた。後半はこぼれ球を拾った内田のシュートがクロスバーに嫌われるなどし、1点が遠かった。無得点は9試合ぶり。

 ■最初の15分が全て 水戸・西ケ谷監督 最初の15分が全てだった。首位相手に前から行く姿勢が出せなかった。もっと相手のコートでサッカーをしたかった。盛り返せなかった中でワンチャンスを決められた。
<記事全文を読む>