藤村が三田に代わって、ボランチを務める可能性が高い。同位置での先発出場は、6月25日の第1ステージ最終節磐田戦以来となる。「久々のボランチだが、ミスはしない。前線の選手に信頼されるようなプレーをする」と気合を入れた。

 約4カ月ぶりのボランチだが、不安はない。27日の紅白戦では、精度の高いクロスで好機を演出する傍ら、相手の球際に厳しく寄せて危機の芽を摘んだ。「攻守の素早い切り替えを意識して試合に臨みたい」と、イメージを膨らませる。

 ボランチで先発した3月の前回対戦は、1-2で競り負けた。「攻撃が単調になってしまった」と反省する。この試合以降、FWやサイドバックで先発し、プレーの幅を広げた...    
<記事全文を読む>