プロ野球の中日で投手として活躍し、通算200勝や史上初の50歳での登板など数々の記録を打ち立てた山本昌さん(51)が21日、富士通スタジアム(川崎市川崎区)でサッカーの川崎フロンターレのユース(高校生)選手を前に特別講義を行った。プロになるための心構えや緊張との付き合い方など、「レジェンド」からの金言に選手たちはじっと耳を傾けた。

 開口一番、「時間って、意外と短いよ」。プロや大学に行けなければ公式戦ができるのはもう数年。「そうなれば楽しむサッカーしかできなくなる。ここにいる30人ほどの中から何人がプロになれるかな。現状を見て、今どういう生き方をするか、練習をするか。のうのうとしていたら...    
<記事全文を読む>