J1大宮は25日、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」前監督の佐々木則夫氏(58)が、11月1日からトータルアドバイザーに就任すると発表した。

 佐々木氏は、2008年の東アジア選手権で女子日本代表を初のタイトルに導くと、11年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会では男女通じて初優勝の快挙を達成。翌12年のロンドン五輪で銀メダルに輝き、15年のW杯カナダ大会でも準優勝と世界大会で3連続決勝進出と黄金時代を築いた。山形県出身で埼玉県さいたま市在住の佐々木氏は小学4年時に蕨市へ転居。蕨小―川口芝南小―川口芝中で少年時代を過ごした。帝京高(東京)では守備的選手としてインターハイ優勝、全国高校...    
<記事全文を読む>