J1浦和の選手たちが闘病中の新人Jリーガーを激励しようと、自主的に撮影した動画を公開してエールを送っている。

 4月に急性白血病と診断されたJ1新潟の早川史哉(ふみや)選手(22)は、今季プロの道を歩み始めたばかり。新潟県出身で新潟ユース、筑波大から今季新潟に加入した。世代別の日本代表に選ばれてきた逸材で、3月の開幕戦から3試合連続フル出場など順調なスタートを切った。

 だが5月の浦和戦を前に、リンパ節の腫れから病気が判明。抗がん剤治療の入院生活がいまも続いている。

 浦和の槙野は面識はないものの、「チームは違えど、目指すところは一緒。早くグラウンドでバトル(激しい戦い)がしたい」と早川選手...    
<記事全文を読む>