Jリーグ・YBCルヴァン・カップで13年ぶり2度目の栄冠を獲得した浦和は決勝から一夜明けた16日、大原サッカー場で軽めの調整を行った。

 全体練習には阿部、西川、李ら18選手が参加。ランニング、ストレッチ、ボール回しなどで体を動かし、約30分ほどで終えた。武藤と関根はウオーキングのみ。ミシャ監督は所用で欠席。興梠、柏木、宇賀神は屋外に姿を見せず室内で調整した。

 決勝ではG大阪に先制されたものの、後半に途中出場の李が同点弾。延長戦でも決着がつかずPK戦を5―4で制した。

 李はPK戦で敗退したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦のFCソウル戦を思い出し「ACLの悔しい...    
<記事全文を読む>