J1仙台は15日、仙台市の紫山サッカー場で、日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸、仙台ユースとそれぞれ練習試合(40分ハーフ)を行い、八戸に2-0、仙台ユースには6-0で快勝した。

 八戸戦には、7月の第2ステージ第1節川崎戦で右太もも裏の肉離れを起こしたMF野沢が先発。約3カ月半ぶりの実戦で、切れのある動きを披露した。

 今季入団直前に右足首を骨折した高卒新人のMF椎橋は、2試合共にボランチで途中出場。初めての対外試合で元気な動きを見せた。

 渡辺監督は「負傷者が戻ってきたのはチームにとってプラス。内部の競争を活発にしながら、今季最後まで全力で戦う」と話した。<「まだイメージ...    
<記事全文を読む>