大宮は9日、高木サッカー場でJ2水戸と練習試合(45分×2本)を行い、4―1で逆転勝ちした。

 大宮は1点を追う2本目12分、川田のシュートが相手DFに当たってゴールイン。同点に追い付くと、16分には奥井が決勝ヘッドを決めた。さらに、藤沼が27、36分と2得点してリードを広げた。

 藤沼の2ゴールには黒川、川田が絡み、今季にユースから昇格した3人で生み出した。ユースで培った、あうんの呼吸の連係に藤沼は「息の合ったコンビネーション」と満足そうに振り返った。

 チームは10日のオフを挟んで練習を再開する。渋谷監督は「プレーの質の向上とチームで共有する部分を、より高める」予定だ。
<記事全文を読む>