Jリーグ・YBCルヴァン・カップ準決勝で先勝した浦和は第2戦の9日、3年ぶりの決勝進出を懸けてホームでFC東京と再戦する(14時・埼玉ス)。第1戦は2―1で逆転勝ちしたため、2点差か2点以上を取られて負けない限り勝ち上がりが決まる。1―2の場合は、アウェーゴールルールの適用されない延長戦、PK戦に突入する。

 チームは8日、大原サッカー場で最終調整を行った。初戦のベンチ入り停止から復帰するミシャ監督は「第1戦は勝ててよかったが、決勝進出を決めたわけではない。油断せず本気で倒しにいかないといけない」と連勝する意気込みを示した。

 9対9のミニゲームに取り組み、主力組は大谷、那須、遠藤、青木、...    
<記事全文を読む>