仙台のリーグ戦の直近の白星は、8月13日の柏戦までさかのぼる。ここ最近は5試合連続勝ちなし。ホームで敗れた前節名古屋戦後は、サポーターが渡辺監督に詰め寄る事態となった。昨季からイレブンを引っ張る主将富田は「戦う姿勢をもっと見せないといけない」と険しい表情を見せた。

 「そこ、しっかり抑えろよ」。9月29日の紅白戦。味方が安易にトラップミス、ボールをピッチの外に出した瞬間、富田が一喝した。

 「目指すサッカーは悪くないが、最近は一瞬の隙を見せた時に失点することが多い。細かいミスが重なり、失点につながっている」と、チームの課題を挙げる。「一人一人がもっと責任感を持って戦う必要がある」。主将の気...    
<記事全文を読む>