社会人野球の日本選手権は29日から11月8日まで、大阪市の京セラドーム大阪であり、出場32チームが頂点を争う。2年連続14度目の出場を果たした新日鉄住金広畑(兵庫)は11月1日の1回戦でホンダ鈴鹿(三重)と対戦。強打の左翼手・佐々木建介の打棒に期待が集まる。

 新人ながら4番に座る佐々木が飛躍の時を迎えている。9月の同選手権近畿地区最終予選では全6試合で4番を務め、打率は約4割、打点も6と確かな足跡を残した。特に長打力は魅力にあふれ「チームを救う1本を打てるよう、持ち味のフルスイングを見せたい」と闘志を燃やす。

...    
<記事全文を読む>