大学野球の明治神宮大会への出場を懸けた東北地区代表決定戦は22日、仙台市民球場で開幕し、1回戦が行われた。第1試合は仙台大(仙台六大学1位)が青森大(北東北大学2位)を2-1で破り、23日の決勝に進んだ。

 仙台大は一回に2点を先取。稲毛田が青森大打線の反撃を五回の1点に抑えて完投し、逃げ切った。

 第2試合は富士大(北東北大学1位)-福島大(南東北大学1位)。

 ▽1回戦仙台大(仙台六大学1位) 200000000=2青森大(北東北大学2位) 000010000=1

...    
<記事全文を読む>