日本野球機構(NPB)は18日、フリーエージェント(FA)有資格者として、雄平外野手(ヤクルト、宮城・東北高出)や長谷川勇也外野手(ソフトバンク、山形・酒田南高-専大出)ら88選手を公示した。

 国内FAの資格を新たに取得したのは、雄平や長谷川、根元俊一内野手(ロッテ、東北福祉大出)や糸井嘉男外野手(オリックス)ら20人。海外FAは坂本勇人内野手(巨人、青森・光星学院高出)、畠山和洋内野手(ヤクルト、岩手・専大北上高出)や宮西尚生投手(日本ハム)ら14人が初取得した。

 日本シリーズ終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に意思を表明すればFA権を行使でき、「FA宣言選手」...    
<記事全文を読む>