全労済カップ争奪第41回県スポーツ少年団小学生軟式野球交流大会は16日、吉見総合運動公園野球場で東、西、南、北、中央の各ブロック予選を勝ち抜いた32チームが参加して開幕。1回戦16試合が行われた。

 開会式では、佐藤高弘県スポーツ少年団本部長、宮崎美千治県スポーツ少年団野球部会委員長らが選手を激励した。

 各ブロックを代表し、小森谷真聖(東部・桜田チェリーズ=久喜)吉川空輝(西部・小川)長輝仁(南部・北原ウイングス=和光)町田望(北部・秩父ドリームズ)丹下友之介(中央・西原フレンズ=さいたま)の5選手が団員綱領を朗読。

 双柳レッドソックス(飯能)の峯岸涼太主将が「これまで支えてくださったた...    
<記事全文を読む>