28日からメキシコで開かれる野球のU-23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーが12日に発表され、東北楽天の安楽智大投手ら24人が選出された。プロ、アマ混成で編成され、アマチュアからは社会人野球の6選手が選ばれた。

 東北楽天からは他に下妻貴寛捕手と吉持亮汰、三好匠両内野手が選出。安楽は「貴重な経験を来季に生かしたい」、下妻は「選ばれると思っていなかった。素直にうれしい」、吉持は「自分の足が世界でどこまで通用するかを試したい」、三好は「いろいろなことを吸収し、レベルアップしたい」とそれぞれ球団を通じてコメントした。

 東北関係では、西武の本田圭佑(東北学院大出)、阪神の歳...    
<記事全文を読む>