軟式野球のU―15全国Kボール秋季大会第2日は10月10日、千葉県の栗源運動広場野球場などで1回戦の残りと2回戦、準々決勝の計15試合を行った。高知県選抜は2回戦で岡崎・幸田選抜(愛知)を3―0、準々決勝で島根県選抜を6―0でそれぞれ下し、準優勝した2013年以来の4強進出を決めた。

 高知県選抜は、2回戦の初回、先頭の池田が二塁打で出ると、続く川田の三塁打と西村の二塁打などで3点。長打攻勢で試合を決めた。準々決勝でも一回1死から川田の四球を皮切りに、西村、矢野の安打などで3点。二回にも安田と西村の二塁打などでさらに3点を奪った。

...    
<記事全文を読む>