第6節第2日は9日、仙台市の東北福祉大球場で2回戦の2試合があり、仙台大が東北学院大に連勝し、勝ち点を5として3季ぶり5度目の優勝を果たした。

 仙台大は二回に望月が先制の2点打を放つと、その後も加点し、4-2で学院大を下した。仙台大は明治神宮大会出場を懸けた東北地区代表決定戦(22、23日、仙台市民球場)に出場。初戦で北東北大学リーグ2位の青森大と顔を合わせる。

 東北工大-東北大は、東北大が1死満塁から始まるタイブレークの延長十回に決勝点を奪って2-1で工大に競り勝ち、今季初の勝ち点を挙げた。

 最終節第1日の15日は同球場で福祉大-学院大、東北大-宮城教育大の各1回戦が行われる。◎仙台...    
<記事全文を読む>