県内のアマチュア野球団体で組織する県青少年野球協議会は7日、長野市内で記者会見し、「第1回長野県ベースボールサミット」を来年1月14日に松本市内で開催するとし、概要を発表した。今夏の全国高校野球選手権大会で優勝した作新学院(栃木)の小針崇宏監督による特別講演を目玉企画に、底辺拡大や育成の課題を探る。

 同協議会は各団体が連携して、子どもの野球離れやレベル向上などの共通課題に取り組むことを目的に4月に発足。サミットは、その第1弾の取り組みで、依田和浩代表(県高野連専務理事)は「今回のサミットをきっかけとして、(県内の)野球団体全てがまとまり、一丸となって課題に取り組めれば良い」と強調した。...    
<記事全文を読む>