四半世紀破られなかった記録が更新された。そしてその新記録を超えようと励む少年がいる。時間を超えて輝きを放つ記録の妙を感じる。

 仙台六大学野球秋季リーグで仙台大の松本桃太郎(4年)が2日、通算最多安打115本を達成した。前の記録114本を保持していたのが仙台市泉区の会社員古川大悟さん(47)。古川さんは仙台商高から1988年、東北学院大に進学。1年春からレギュラー入りし、91年まで中軸の一員として左打席から安打を重ねた。当時は仙台六大学野球連盟で通算本数が確認されておらず、古川さんも「何本打ったか考えていなかった」。長年忘れられた記録だった。

 昨年、連盟が改めて算出して古川さんの記録を認...    
<記事全文を読む>